初夏のノルマンディ―地方周遊~モンサンミッシェルとフランスで一番美しい村を訪ねて

7日間

 
モンサンミッシェルイメージ

  日程

1日目空港付近泊

成田/関空/中部/新千歳より出発(追加料金にて福岡その他空港からもご利用頂けます。 ~所要約10時間~
ヘルシンキ到着&入国(シェンゲン協定)、合流、乗換え
夕刻:パリ到着、空港付近のホテルへ

朝食:― 昼食:― 夕食:〇

2日目ドーヴィル泊

09:00頃出発、11:15頃ルーアン到着。
ルーアン観光。ノルマンディー地方の首府。ノートルダム大聖堂をはじめ、木組みの美しい街を観光します。
ランチ休憩の後、ドーヴィルへ向かいます(約1時間半)。
この日は早めに16時頃ホテルに入ります。
ドーヴィルは数々の映画や小説の舞台になった、かつての貴族のリゾート地です。ノルマンディー海岸の女王と呼ばれる、歴史と風格ある佇まいをお楽しみください。

朝食:〇 昼食:〇 夕食:〇

3日目サンマロ泊

08:00頃出発、ブブロン村へ(30分)。
ブブロン村観光
可愛らしい街並みを満喫しましょう。街の随所に咲く花も美しい季節です。
その後モンサンミッシェルへ向かいます(約2時間)。
駐車場からシャトルバスに乗り換えモンサンミッシェルへ。
ローカルレストランで名物、オムレツのランチ。
その後島内を散策し、対岸から寺院を眺める写真スポットへもご案内します。
16:00頃出発、サンマロへ(45分)。
サンマロはブルターニュ地方最大の観光地。かつては荒くれた海賊の港町で、カナダを発見したジャック・カルティエはこの町から航海へ出て行きました。

朝食:〇 昼食:〇 夕食:〇

4日目パリ泊

08:00頃出発、オンフルールへ(約3時間)。
オンフルールを簡単にご案内します。
ノルマンディーの港町です。セーヌ河の河口付近にかかるノルマンディー橋は、日本の多々羅大橋に抜かれるまで中央径間の世界最長記録を持っていました。
その後エトルタへ向かい(約40分)、ランチ休憩。
エトルタでは白く輝く絶壁をビューポイントからご覧頂きます。
15:00頃、ノルマンディに別れを告げ、一路パリへ(約3時間)。

朝食:〇 昼食:〇 夕食:〇

5日目パリ連泊

09:00頃出発。 パリ終日観光
ルーブル美術館、エッフェル塔への入場観光を含みます。

朝食:〇 昼食:〇 夕食:〇

6日目機中泊

09:00頃出発、空港へ。
パリ出発、ヘルシンキへ
ヘルシンキ空港到着&出国審査、日本へ向けてお乗換え

朝食:〇 昼食:― 夕食:―

7日目

成田/関西/中部到着。新千歳へは中部又は関空より国内線にお乗継ぎ頂きます。追加料金にて福岡その他接続便もご利用頂けます。
お疲れ様でした。ご自宅までお気をつけてお帰り下さい。

航空機の運航及び気象状況その他事情により発着時刻や行程が変更される場合がございます。

  フライトスケジュール ~フィンランド航空(AY)予定~

最終的なフライトスケジュールは確定書面(最終日程表)でお知らせします。
往路
※福岡発着はお問合せください。
新千歳11:35 ✈ ヘルシンキ15:10
中部10:30 ✈ ヘルシンキ14:30
関空10:45 ✈ ヘルシンキ14:40
成田11:00 ✈ ヘルシンキ15:00
乗継>>
ヘルシンキ16:05 ✈ パリ18:10

復路
※新千歳は中部又は関空経由で13:15-15:50着。
パリ12:20 ✈ ヘルシンキ16:15
乗継>
ヘルシンキ17:25 ✈ 中部08:45(翌日)
ヘルシンキ17:20 ✈ 関空08:55(翌日)
ヘルシンキ17:45 ✈ 成田09:10(翌日)

  コースのポイント


フランスは国中に見どころが詰まっています。地方ごとの個性ある魅力や歴史的遺産、名物料理などは駆け足の旅では見つくせないほど。
今回は北の大地が温かくなる6月はじめ、旅情あふれるノルマンディー地方にご案内します。
ベテラン添乗員はもちろん 全行程に日本語ガイドが同行(4日目除く)するので、建築物や町の歴史、名物料理など詳しい説明をじかに聞くことができ、理解が深まるほど充実した旅になることでしょう。

ノルマンディへの旅

ノルマンディ位置

ノルマンディーはイギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、「北の人間の土地」を意味します。
英仏海峡を臨み、風光明媚な港町やリゾート地を有した、常に海を感じる地域です。
フランスでは珍しくワインよりもリンゴ酒が有名で、軽いシードルやリンゴのブランデー、カルヴァドスがよく飲まれています。
独特の旅情を誘う土地柄と風景は多くの芸術家を魅了し、映画の舞台となり、今も人々を惹きつけてやみません。

ルーアン大聖堂

ルーアン
中世からの古都で、現在はノルマンディー地域圏の首府で人口約11万人。
モネの連作でも知られるルーアン大聖堂はゴシック建築の代表的なものです。
百年戦争で捕虜となったジャンヌ・ダルクは、1431年にこの町で火刑に処されています。

ブブロン村街並み

ブブロン村
「ブブロン オン オージュ/Beuvron en Auge」は、人口わずか230人程の小さな村ですが、毎日観光客が絶えません。
「フランスで最も美しい村」に認定されたゆえんは、17世紀頃に造られたノルマンディースタイルの建築。そして四季折々に咲く美しい花は街並みをさらに引き立てます。
1970年代の半ばに当時の村長が願った村おこしは住人に引き継がれ、個人の家々やガーデンに今なお生きています。

モンサンミッシェル
島の全容 中世以来のカトリックの聖地、モンサンミッシェル。
この辺りはヨーロッパで最も潮の干満差が激しく、島に渡るのは引き潮の時でも命懸けでした。このため一時は牢獄として使われたことも。
巡礼者の安全のため1877年に道路を渡すと、これが自然の潮流をせき止めてしまい、島はどんどん陸地化します。100年で堆積した砂は2m。かつての姿を取り戻すべく道路が取り壊され、2014年には潮流を妨げない橋が完成し今に至ります。
やはり自然には逆らえませんね。

エトルタの断崖
エトルタ断崖 石灰質の断崖が続き、海峡を挟んでイギリスのセブンシスターズも同様の景観が見られます。
エトルタは、風雨にさらされてできた自然のアーチで知られ、モネを始めとする多くの芸術家を魅了してきました。
この地域は18世紀中ごろまでにあまり知られていない場所でしたが、画家たちが描くことで徐々に知れ渡り、その後モネが繰り返し描いたことで有名な景勝地になっていったそうです。

  出発日と旅行代金

出発日

2020年 06月01日(月)発~06月07日(土)着

基本旅行代金

698,000円  
(成田/関空/中部/新千歳発着/2名様1室利用1人様代金)

≪旅行代金とは別に必要な料金≫
◆現地空港税:7,180円
国際観光税1,000円
◆各地空港税:成田2,610円 中部2,570円 関空3,040円
◆燃油サーチャージ:29,000円

≪ご希望に応じて必要な料金≫
○ビジネスクラス追加代金:+430,000円(空席状況により変動します。)
○お1人部屋追加代金:108,000円
 国内線:往復10,000円
 ※その他空港はお問合せ下さい。
 ※お申込時にご希望をお伝え下さい。
 ※原則2名以上でお申込みください。

  利用予定ホテル

※バリアフリールームはリクエストにて承ります。(ホテルによってはバリアフリールームの無いこともあります)

【パリ前泊】

Hilton Paris Charles de Gaulle

【ドーヴィル】

Royal

【サンマロ】

Le Nouveau Monde

【パリ後泊】

Pullman Paris Montparnasse

  旅行条件

この旅行は募集型企画旅行の規定により、お申込手続き完了後の変更・キャンセルには所定の取消料が発生いたします。
お申込から出発までの流れや取消料の規定など、詳細につきまして別紙書面にてご確認下さい。
◆ツアー催行人数◆6名様より
◆利用予定航空会社◆ フィンエアー、KLMオランダ航空、スイスインターナショナルエアラインズ
◆添乗員◆ 同行します(中部より予定)
◆食事◆朝5回・昼4回・夕5回(機内食は含みません)
◆基本旅行代金に含まれるもの◆
エコノミー往復航空運賃、ホテル宿泊費(2名1室)、記載の食事、観光費用、記載の乗車類(2等)、添乗員費用、ポーター代
◎記載の無い食事、観光費用、個人的利用費用はご旅行代金に含まれません。
以下重要なご案内です
これらにも当てはまらないケースなどの場合その都度お知らせ及びご相談させて頂きます。
■行程・フライトスケジュールは現在の予定です。詳細はツアー決定後に確定致します。
■公式行事やストライキ、他諸事情により訪問場所が閉鎖または入場制限などでご覧いただけない場合もございます。
・観光地で多数の段差がある場合や安全確認ができない場合、付き添いの方・歩行可能な方のみの見学となる場合がございます。
■お1人で車椅子(又は同行の方複数で車椅子ご利用)、ゆっくり歩行の方>
◇車椅子ご利用の方は基本的な車椅子の自操ができること、ゆっくり歩行の方は単独で移動ができること、及びホテル客室内で身の回りのことをご自身でできる方はご参加頂けます。
◇身の回りのことをご自身でできない方は、付き添いの方と一緒にお申込み下さい。
■車椅子について
◇一般的な手動の車椅子又は簡易電動車椅子(ドライバッテリー)で折りたたみができるタイプのものでご参加下さい。